はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図のデータ


 アナログの地形図では縮尺が決定的な重要さを持っていますが、デジタル地形図では座標値が 「正しい」ものであれば(経緯度系であれ平面直角座標系であれ)、縮尺は意味を持ちません。
 それにも拘らずデジタル地図に縮尺が付与されるのは、デジタル値がアナログの紙地図あるいは 写真や画像を基に、デジタイザ等で数値化されていることによります。座標値は十全に「正しい」 ものでなく、デジタル化の基図の縮尺に照らして相対的な精度しか持っていません。地図データの 位置精度を表示するものが縮尺であり、大縮尺、小縮尺のどちらの地形図が必要かは、地図の利用 目的に応じて定まってきます。
 実務上の用途から考えると、小縮尺というのは全国図あるいは関東全域での何らかの地理的主題 を図化したもの、中縮尺だと都道府県を対象として地理的主題を図化したものとなるでしょう。
 「大は小を兼ねる」は成り立ちますが、小縮尺や中縮尺で間に合うレベルの地図を大縮尺のデータ を使用して作成するのは無駄の多いものです。
 ここでは実務に応用できる地図として、1:2500周辺の大縮尺ベクター地形データと、 1:25000レベルの広域ベクター地形データを中心に取り纏め、高精度で取得される5m標高メッシュ、 全国整備されている10m標高メッシュ、50m標高メッシュといった標高データを見てみましょう。
 また、これら全てがダウンロードで自由に使用できる「基盤地図情報」について詳しく述べてみます。


大縮尺高精度ベクター地形データ
 1:2500周辺の実用的なベクター地形データ

広域ベクター地形データ
 1:25000レベルの実用的なベクター地形データ

標高データ
 5m標高メッシュ、10m標高メッシュ、50m標高メッシュといった標高データ

基盤地図情報の地形データ
 国土地理院のサイトからダウンロードできる基盤地図情報(1:2500や1:25000地形図) および標高データ



戻る