はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図のデータ


基盤地図情報の地形データ


 平成20年4月から、国土地理院のサイトより「基盤地図情報ダウンロードサービス」が開始 されました。基盤地図情報は5m標高メッシュや1:25000地形図等、各種の地形データ から成りますが、特筆すべきは白地図つまり都市計画基図と呼称される1:2500 デジタルマッピング地形図をベースに作られた基盤地図情報を含んでいる、ということです。
 このデータは下記の13種:
  (1)測量の基準点  (2)海岸線 (3)公共施設の境界線(道路区域界)
  (4)公共施設の境界線(河川区域界)(5)行政区画の境界線
  (6)道路縁     (7)河川堤防の表法肩の法線
  (8)軌道の中心線  (9)標高点
  (10)水涯線     (11)建築物の外周線
  (12)市町村の町・字の境界線
  (13)街区の境界線
から成るものですが、要約すると、道路縁と建物形状、鉄道(軌道)、水涯線、行政界といった 謂わば「デジタルマッピング(DM)地形データ」の核心部分を含んでいます。
 これらの項目がどのようなデータかは、実例を見るのが「百聞は一見にしかず」で、下の 「基盤地図情報の表示例」をご覧になって下さい。
 このDMデータの中核部分を無償で使用できるのが「基盤地図情報ダウンロードサービス」です。
 このサービスは、まずXML形式でダウンロードするステップ(下の「基盤地図情報のダウン ロード手順」)と、XML形式のデータを読み込んでDMファイルに変換するステップ(下の 「基盤地図情報をDMへ変換する手順」)の2段階から成ります。  DMデータがあれば、各種のツールにより、DMデータをEPSファイルやDXFファイルに 変換でき、デザインやCAD、CGに利用できることになります。
 また、標高データについてもXML形式のデータが5m標高(大都市圏)、10m標高(日本全国)で 整備されていて、便利になっています。

 基盤地図情報のアドレスは http://www.gsi.go.jp/kiban/index.html です。
  基盤地図情報へ
 基盤地図情報ダウンロードサービスはhttp://fgd.gsi.go.jp/download/です。
  基盤地図情報ダウンロードサービスへ




戻る