はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図のデータ


大縮尺高精度ベクター地形データ


 「大縮尺高精度ベクター地形データ=DM(および基盤地図情報)」という図式が成り立つ程、DM(デジタル マッピング)地形図は大縮尺ベクター地形データの核心を成しています。DM地形図は基本的に500分1、 2500分1、5000分1、10000分1から成り、特に2500分1と5000分1地形図は国土基本図 として整備され、<地図の基本>とも言えるものです。
 地図(および地図データ)を作成するには測量法の定めを満たす必要があり、「公共測量作業規程」に則って データ作成しなければなりませんが、この中に「DMフォーマット」であることが明記されていて、公共で 作成される地図データはDM地形図となります。
 最も詳細な地形データは500分1「道路台帳データ」や「上下水道台帳データ」の地形データでしょう。ただ、 これらは道路内(あるいは周辺まで)のデータであり、上下水道に沿ったデータということから、汎用的な地形図 ではありません。
 全国の自治体の窓口で発売されている「白地図」(「都市計画基図」あるいは「都市計画基本図」)こそが、 汎用的な地形図として最も高精度な地形図であることに異論はないでしょう。通常、この地図の基となった ベクター地形データを「DM地形データ」と呼んでいます。このデータの骨格部分を取り出したのが「基盤地図情報」 であり、自然地形にあたる部分を取り出したのが「数値地図2500」と言えます。
 「数値地図2500」はかなり前からCDとして発売されていましたが、公共建物以外の家形が無く、レイヤも 少ないため、CADやCGの実務には使い辛いのが現状です。全国の自治体で作成される、本来の「DM標準ファイル」 が使用できるのが望ましいのですが、自治体毎にスタンスが異なり、まず「DM標準ファイル」を作成している自治体 と作成していない自治体があり、作成していても貸し出したり、発売したりする自治体もあれば、殆ど門外不出の 自治体もあります。因みに、上記の白地図(都市計画基図)およびDM標準ファイルは全国の市町村毎に作成される もので、東京都だけが例外的に都で一括して作成しています。
 DMの変わり種というべきデータに全国の自治体で作成されている「砂防データ」や「農政・林政データ」があり、 全国の河川事務所で作成されている「DMデータ」も、レイヤの取り方に少し相違があるものの、「DM標準ファイル」 であることに変わりはありません。対象とする範囲に制限があったり、河川の場合には蛇行する河川に沿って不正規 の図郭形状となるだけです。
 どちらにしても、これまで「DM標準ファイル」はなかなか入手しづらい地形データでしたが、平成20年4月から、 国土地理院のサイトより「基盤地図情報ダウンロードサービス」が開始され、状況は劇的に変化しました。
 基盤地図情報は下記の13種:
  (1)測量の基準点  (2)海岸線 (3)公共施設の境界線(道路区域界)
  (4)公共施設の境界線(河川区域界)(5)行政区画の境界線
  (6)道路縁     (7)河川堤防の表法肩の法線
  (8)軌道の中心線  (9)標高点
  (10)水涯線     (11)建築物の外周線
  (12)市町村の町・字の境界線
  (13)街区の境界線
から成るものですが、要約すると、道路縁と建物形状、鉄道(軌道)、水涯線、行政界といった謂わば 「デジタルマッピング(DM)地形データ」の核心部分を含んでいます。
 この宝のような地形データが全国の大都市の殆どをカバーしていて、ダウンロードで自由に使用できるのです から、今後の変化はより大きなものとなるでしょう。



戻る