はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図のデータ


広域ベクター地形データ


 広域ベクター地形データと言えば、かっては「国土数値情報」が全て、と言ってよく、民間の地図、地形 データを含め、広域地形のスタンダードを成していました。
 現在では、このデータを包含した形の「基盤地図情報縮尺レベル25000」が広域ベクター地形データの代表と 言えます。25000分1国土図を基に作成され、行政界、海岸線、鉄道、河川、道路及び等高線、標高点から成り、 自然地形の基礎となるものです。
 ただ、この地形データは都道府県毎に構成され、座標は緯度、経度、XML形式で格納されていることから、 実務に使用するには相当の技術が必要です。また、メッシュ標高と併せて使用するとなると、更に工夫が必要 で、このための地図ソフトを使用するのも一案と思われます。
 同様に25000分1地形図で、国土地理院が作成して、「地図センター」が発売している「数値地図25000 (行政界・海岸線)」、「数値地図25000(地名・公共施設)」も便利です。何れも「基盤地図情報縮尺 レベル25000」と同様に、2万5千分1地形図から行政界(市区町村レベル)・海岸線と、注記および公共施設 を取り出したもので、全国整備されたものです。現在はどちらも世界測地系の緯度、経度でXML形式で 格納されています。
 前記の「基盤地図情報縮尺レベル25000」を都道府県毎に平面直角座標で整備し、かつ座標系が同じ県は連続表示 でき、「数値地図25000(行政界・海岸線)」、「数値地図25000(地名・公共施設)」の地形データ も含み、更に全国レベルの「50mメッシュ標高」を包含した地図ソフト(「日本全図J−μMAP」)があります。
 これにつきましては、[地図のソフト]のページの[広域ベクター地形データを扱う地図ソフト]を ご参照下さい。


[地図センターへのリンク]

 地図センターのアドレスは http://www.jmc.or.jp/ です。
  地図センターへ
 地図センターのデジタル地図データのアドレスは http://www.jmc.or.jp/data/index.html です。
  地図センターのデジタル地図データへ
 地図センターのネットショッピングのアドレスは http://net.jmc.or.jp/index.html です。
  地図センターのネットショッピングへ


戻る