はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図のソフト


広域ベクター地形データを扱う地図ソフト


 広域ベクター地形データと言えば、「基盤地図情報縮尺レベル25000」の別名と言っても言いすぎではない 程、基盤地図情報縮尺レベル25000は優れた広域ベクター地形データですが、XML形式で格納され、緯度、経度 で表現された地形データという性格から、CADやCGのための基礎データとして使用するには、かなりの技術を 要します。
 CADやCGの基礎データとして考えた場合、平面直角座標で表現され、「分県図」の単位あるいは「同一座標系」 の単位で複数の県が連続することが望まれ、これらを満たす地図ソフトとして、「日本全図J−μMAP」を 示します。
 「日本全図J−μMAP」は、日本全土を対象とした全域の地形図データの閲覧およびデータ変換が可能なプログラム [日本全域図]と、都道府県をブロックとして中広域の高精度地形図データの閲覧およびデータ変換が可能なプログラム [日本分県図]を統合したものです。
[日本全域図]は日本全国の行政界・海岸線、50mメッシュを基に生成されたコンター、メッシュ標高面、25,000分1 の地名・公共施設データを基にした注記、地図記号を基本データとして、任意の地域を任意の縮尺で地形図の閲覧や印刷 が可能であるばかりでなく、EMF(拡張メタファイル)の作成から、EPSファイルやDXFファイルへの変換により デザインやCADへの応用を企図しています。3DのDXF変換ではコンターや標高面が3D図形として出力できます。 特筆すべきは画面表示や画面上での操作あるいは印刷、EMFやEPS、DXF変換といったデータ変換が基準座標 (緯経度距離座標)のみならず、平面直角座標や10種の図法上で自由に実行できる点にあります。ここでの地形図 データは内部的には基準座標つまり1次メッシュ(経度1度、緯度40分)を80km四方と見立てた座標としています が、平面直角座標および10種の図法(メルカトル図法、ランベルト正積円筒図法、サンソン図法、モルワイデ図法、 エッケルト第2図法、エッケルト第4図法、エッケルト第6図法、ランベルト正角円錐図法、アルベルス正積円錐図法、 ランベルト正積円錐図法)により、いつでも自由に表示、データ変換が可能です。これにより、[日本全域図]の地図 では、方向や距離、面積は図法上でのものとなります。
 [日本分県図]は都道府県を単位として整備された「基盤地図情報25000」の地形データ(行政界、海岸線、鉄道、河川、 道路及び等高線、標高点)をベースに、50mメッシュを基にしたメッシュ標高面、25,000分1の地名・公共施設データ を基にした注記、地図記号を付加データとして、平面直角座標により表現し、精度の良い中広域の地形図データの閲覧 およびデータ変換が可能になっています。変換はEMF(拡張メタファイル)の作成から、EPSファイルやDXF ファイルへの変換によりデザインやCADへの応用を企図しています。3DのDXF変換ではコンターや標高面が3D 図形として出力できます。日本分県図は、県毎の表示が基本ですが、同一座標系コードを持った地域、例えば東京都 (島嶼部は除く)、神奈川県、千葉県、埼玉県等を同時に表示できるようになっています。




戻る