はじめに 地図の話題 地図のデータ 地図のソフト AMI入門 GISパラダイム インフォメーション

地図の話題


大縮尺と小縮尺

 地図の大きさを表わす縮尺について大縮尺、小縮尺という言葉がよく使われます。
 これは間違いやすいものですが、縮尺の分母(縮尺母数といいます)の大きさではなく、 同一地域を表示したとき大きな地図となるか、小さな地図となるかの区別です。
 このため、5万分の1の地図は1万分の1の地図より小縮尺で、2千5百分の1の地図は 1万分の1の地図より大縮尺となります。ただ、2つの縮尺の相対的な関係としてより、一般 には2万5千分の1あたりを境に大縮尺、小縮尺という使い分けがされるようです。
 小縮尺、大縮尺の地図の区分は単に縮尺の相違だけの問題ではなく、精度の相違のため 座標系の選択に大きな影響を及ぼします。表示上の問題としては、絶対位置が同定可能で あれば、どのような座標系で地図データが作られていようと問題はないのですが、地図データ の入力段階で精度が重要となってきます。
 一般に小縮尺では経緯度系、大縮尺では測量座標系が用いられます。これは、測量座標系の 方が経緯度系より高い精度が得られるからです。その理由は、経緯度系が地球上の全ての点 を均等に表現する全域的な系であるのに対し、測量座標系は一定の範囲に有効な局所系である ことから当然とも言えます。



戻る